洗顔後&入浴後に入念な保湿ケアをするようにしている!

すぐに乾燥する「乾燥肌体質」なのです。だから対策方法を探していました。そんなときに知ったのが「乾燥しやすいタイミング」のことでした。どんなときに肌は乾燥してしまうのかと調べて見たら「洗顔後」もしくは「入浴後」というのを知ったのです。その知識を得た瞬間に洗顔後と入浴後の保湿ケアを入念にするようになりました。
乾燥肌になりやすい人は肌の刺激に注意するべきなのです。肌を擦ったり刺激したりすると肌のバリア機能は低下します。洗顔中や体を洗うときにする「擦る」行為は肌に負担を与えてバリア機能を落としてしまうことに繋がるのです。おまけに肌のバリア機能を高めるセラミドは水道水で洗うと外に流れ出してしまうのです。そのせいでバリア機能が低下して肌の水分量が落ちます。このままにしておくと肌はどんどん乾燥してしまい乾燥肌が進行します。ですから洗顔後や入浴後に水道水に肌が振れた後には水分を補給しないといけないのです。シンプルに!肌の手入れと飲食するものに気をつけています

 

「本当かな?」と思うなら自分で実際に洗顔後と入浴後の肌を確かめてみてください。体に浴びた水道水が急激に乾いてカピカピになるのを確認できるでしょう。そんなときにこそ、必要なのが保湿ケアなのです。洗顔後や入浴後は急激に乾燥をする前にすぐにお肌に保湿化粧品を補給させてあげてください。そうすると肌のバリア機能が回復して乾燥肌を防げます。こういうマメな保湿ケアが必要なのです。これを続けて行くと毎日十分な保湿を行うことができて、乾燥肌対策ができるでしょう。
乾燥肌2
特に保湿ケアの時に使う保湿化粧品は「セラミド」を多く含んだものを利用すると効果的です。セラミドが失われたならセラミドを補給しないといけませんからね。肌のバリア機能の低下を甘く見たらいけません。肌が弱ればすぐに肌は乾燥して肌荒れを悪化させることになります。そうすると後で後悔してしまうのはあなたなのです。できれば洗顔後・入浴後の5分以内に保湿してください。保湿ケアは早ければ早い方が効果ありなのです。
この方法で乾燥肌が酷かった自分の肌がどんどん潤って行きました。おかげで酷かった肌荒れもすごく良くなってきています。やっぱり保湿のチカラってすごいんだなととても感心しています。保湿の大切さを知ることができて良かったと思っています。保湿は乾燥肌対策にとても有効な方法なのです。