ヒアルロン酸の化粧水を二度塗りしたのちニベアクリーム

まず、部屋には加湿器を置いて部屋自体を乾燥させないようにしています。
それでも部屋が乾燥していると感じた時にはバスタオルを濡らして室内で干します。
冬は暖房もよっぽどのことがない限りつけません。自分で厚着をして凌いでいます。

 

それから基本的に長風呂はしないようにしています。
長く湯船に浸かっているとその分肌がかさつくので、体が温まったらささっと出てきます。やってみて!!お肌の乾燥対策として入浴時に気を使っています
乾燥肌7
湯船には浸からないでシャワーで済ますことも多いです。
肌の乾燥に長風呂は大敵です。以前リラックスするために雑誌を見ながら湯船に浸かるというのを日課にしていたら、あっという間に時間が過ぎてしまい一時間浸かっていることもざらで肌が乾燥するしかゆくなるしで酷い目にあいました。

 

お風呂の時についでにメイクを落としたり洗顔したりしますがこの時に熱いお湯を使わないのもポイントです。
肌に必要な分の皮脂まで落ちてしまうので必ず温度を調整してぬるま湯で洗顔します。

 

お風呂から上がったその後のケアが重要です。
まず、ヒアルロン酸配合の化粧水を全身に塗りたくります。
やっぱり一番乾燥が気になるのは顔なので、顔は重点的に塗ります。惜しまずにたっぷりと掌いっぱいに出して塗ります。

 

そしてしばらく時間をあけます。
テレビを見たり、ご飯を食べたりしているうちに時間が経過するので二時間程経過したぐらいでもう一度化粧水を全身に塗ります。

 

そしてすぐに就寝するというのが日課です。
この方法でたいていの乾燥はなんとかなりますが、化粧水を目一杯使用しているので減りが早く、何本も購入しなければならないので美容代は高くつきます。

 

けれど保湿剤を何種類も重ね塗りをしていた時期があったのですが重ねて塗っているからといって十分に保湿されているとは言い難く、かえって肌が荒れてしまったのでこの方法で落ち着きました。
乾燥肌6
この方法だけで済むなら楽なのですが、
残念ながらそうもいかない日もあります。
たまに酷く乾燥している時があるのです。そんな時はこの保湿方法だけでは心もとないので最後の仕上げにニベアクリームをプラスしています。

 

ヒアルロン酸配合の化粧水を二回塗った後にニベアで蓋をするのです。
ニベアクリームがベタつくのであまりやりたい方法ではないのですが、肌が乾燥して仕方がない時は諦めてこの方法で保湿しています。

 

保湿力は抜群で翌朝は肌がもっちりとしています。ベタつくのさえ我慢できれば最も効果を実感した保湿方法です。